YouTuberって楽して儲ける仕事じゃないッスよ!

スポンサードリンク



どうもフリーランスで底辺YouTuberとして活動していますうっつーです!(笑)

さてタイトルの通り、世間に対して物申します!

うっつー
YouTuberって楽して儲ける仕事じゃないッスよ!! 

もう大変なんです!

さて。熱くなってしまいましたが私の事を知らない人のために一筆。

私のお仕事は他の音楽フリーランスの方と一風変わっていて、主にネット上で活動しております。具体的にはネットのメディアを使って発信して広告収入を得て生活をしております。

(もちろんリアルでのお仕事もありますが・・・!)

その中の1つとしてYouTubeを使って収入を得ているので、登録者は少ないながらもYouTuberとして活動しているのですが、こういった活動をしているとよく言われるのが

Aさん
YouTuberって楽して儲ける仕事だよね

という事です。

確かに世間一般からすると遊んで稼いでいるように見えますが

うっつー
めちゃくちゃ大変です! 

今日はそんな世間に対して底辺YouTuberの私なりの意見を述べたいと思います!

①動画を作るのに3〜8時間かかる

あくまで私の例で喋りますね!

ジャンルによって制作時間は変わるのですが、一定のクオリティを保った動画を投稿するのに撮影と編集で最低でも4時間はかかります。

例えばこのマウスピースの選び方のノウハウ動画は3時間近くかかっています

ノウハウ動画にかかる時間

①構成を考え文字起こしをする

人によって違うのですが、私はなるべくわかりやすく動画を作れるように動画の内容の構成と文字起こしを必ずするようにしています。理由としてはパッととってもいいのですが、喋って行く中で伝えたい事を伝えられなかったりすることがあるので必ず構成と何を喋りたいかの文字起こしをします。ここで30分ほど

②実際に撮影をする

これも噛んだり、うまく喋れなかったりするので20分〜30分かかります。

③撮影が終わったら今度はトリミングの作業をする

ここが意外と30分〜1時間ほどを取られますね。

④次にテロップを入れたり、効果音やBGMをつける作業をする

これも1時間以上かかります。

⑤確認やら調整やら書き出しをする

30分かかります。

こんな感じで3〜4時間普通にかかります(大泣き

演奏してみた動画にかかる時間

作り方については以前記事を書いたので省略しますが、演奏してみた動画はワンコーラス取るだけでも7時間近く使います。

関連記事:うっつー先生の良くわかる!演奏してみた動画の作り方!

①カラオケに行って音源を録る(2時間〜3時間)

②ミックス作業をする(1時間〜2時間)

③音源をもとに動画をとる(1時間)

④音源と動画を合わせる(1時間)

こんな感じです。基本的にはカラオケは3時間とっているので7時間くらいかかります

こうやってみると動画は非常に時間をかけて作るものだとわかるかと思います。

動画を投稿しても再生数が伸びるとは限らない

growth-3078543_1920.png

ここも大変なところの一つだと思います。

YouTubeの広告の収入は再生された時に表示される広告の表示数やクリック数で決まります。つまり多く再生されれば収益は上がるのです。

ところが上記のように時間をかけて自信を持って出した動画がなかなか伸びなかったり、割と適当に作った動画が伸びたりするもんです。

つまり何が言いたいかというと、視聴者が求めている動画を考えてUPしないといけません。考えたらそれって現実世界でも言えることで、YouTuberであれどお客様が求めているものを常に考えて動画で提供し続ける必要があります。

(もちろん自分のスタイルを突き進む人もいますが)

登録者10万人程度でYouTube1本で食べていける

ここも重要ですね。

私のチャンネル登録者は33000人ほどですがぶっちゃけ大学生の平均アルバイト程度しかもらえてません。つまりこれだけじゃ生きていけないんです。

投稿頻度や時期によって広告単価も違いますがYouTuberの月収は

チャンネル登録者×2,5だと言われています

うっつー
おっと私の収益がバレそう・・・(笑)

ですので手取りで考えると登録者は10万人ほどだと25万前後なので動画1本で生活できるとYouTube界では言われています。

10万人ってめっちゃハードル高いですよね・・・トホホ

まとめ

さて色々書いてまいりましたが動画を作るにしても安定させるにしてもめちゃくちゃ大変なんです!

幸いにも私はYouTube以外にもブログなどたくさんの収入源があるので一人で生きて行く分には困らないくらいにはなってきましたが、YouTube1本で生きて行くにはかなりの労力が必要となってきます。

ぜひみなさんも「楽して稼いでいる」と思うと感じるなら実際にやってみてみてはいかがでしょうか?

辛さがわかると思いますよ(大泣き)

音楽関係だと動画1本で食べて行くのはかなりハードルが高いと思いますので名刺代わりに投稿する事をお勧めします!

関連記事:YouTubeに演奏してみた動画を3年投稿した「うっつー先生」こと私が感じている事

 

 

スポンサードリンク



記事が良かったらシェアしてください!