YouTubeに演奏してみた動画を3年投稿した「うっつー先生」こと私が感じている事

スポンサードリンク



どうもフリーランスで活動しているうっつーです!

2017年12月12日をもちましてYouTubeに演奏してみた動画を投稿始めて3年が経ちました!

うっつー先生

いえええええええい!!

おめでとう!!

ってまあ3年間YouTubeに動画を投稿してみたものの、なにか特別頑張ったわけでもなく好きな事を好きな時にやっただけなので全然苦ではなかったんですがね(笑)

さて、これを機にはじめて投稿した演奏してみた動画でも見返してみましょうか。

 

うっつー先生

懐かしいですね(笑)

ミックスも下手くそだ~(笑)

 

なんか聴いてると当時わけもわからないままマイクやオーディオインターフェイスを買って試行錯誤した記憶が蘇ります(´;ω;`)

演奏してみた動画を始めようと思ったきっかけは多くあるのですが、九州の家族に向けて「関東の大学に行っても楽器を一生懸命続けているよ~」というのを見せたかったのがそもそものきっかけでした。

それから投稿する度にどんどん見てくれる人が増えていきました。また応援コメントをもらった日には嬉しくてたまりませんでした。本当嬉しかったですね。

さて前置きが長くなりましたが本日の本題、「うっつー先生」こと私が感じている事を書いてみます。

結論から言うとYouTubeを始めて私の人生は劇的に変わりました。

①楽器をやっているたくさんの人と繋がり、出会えた

2017-08-2310743

まずは言うまでもなく全国のたくさんの人に繋がれた・出会えたという事ですね!

今までは福岡の田舎の中学校・高校周辺のコミュニティで大好きな吹奏楽について語っていたのですが、YouTubeを通して一気にコミュニティが広がり、全国各地の吹奏楽好きの人と繋がって意見を聞くことができ視野も友達の輪も広がり、新鮮でめちゃくちゃ面白かったです。

また当時はネット上の人達に会うなんて怖いもの、危ないものだと思ってましたが、次第に仲良くなった人たちと実際に会ってみて語ってみたいと思い会ってみることに。

2015年 大阪オフ会

11880359_804786326307759_2412846815341920649_n.jpg

これが最初だったかな?大阪に友達がいたので帰省の途中でオフ会を開いてみました。

実際に飛び込んで見るといい人ばかりで、吹奏楽に対する熱い想いをみんなで語るのがたまらなく楽しかったんです。これ以降全国各地を回り、沢山の人と「吹奏楽オフ会」をするようになりました。

2016年 金沢オフ会

14369948_1033914486728274_7912457578628919740_n.jpg

2016年 京都オフ会

14333852_1033917676727955_1414135338395016658_n.jpg

2016年 名古屋オフ会

14317510_1033914136728309_618334922783769362_n.jpg

2016年 広島オフ会

14369900_1033918383394551_4936658827986239296_n.jpg

2017年 ジョイブラスイベント(東京)

20170602190604

ここで得た情報や出会いは私の一生の財産ですね。ここからアイディアがどんどん生まれてくるし、出会いに関しては幼馴染のような感じで仲良くしている親友もできたし

とにかく人と人とが出会うと良い意味でも悪い意味でも化学反応が起きます。

これがめちゃくちゃ楽しいんです。

②「うっつー先生」というプレッシャーができた

今度はちょっともどかしさを感じるようになったって話です。

自分で言うのもなんですが現在32000人の登録者はYouTuberだけで見ると低いですが、管楽器の世界だけで見ると割と多い方だと自負しています。冒頭でも言った通り、九州の家族に向けてがそもそもの始めたきっかけだったのですがチャンネル登録者が10000人超えたあたりからプレッシャーを感じるようになりました。

うっつー先生
自分の考えをダイレクトに言えなくなったよね

私はあまり周りを気にせず好きなようにガンガン進んじゃうタイプなのですが、いろんな人に見られているのだなと思うと動画もTwitterも自分の考えをダイレクトに投稿することができなくなってしまった自分がいるのが正直なところですね。

だからと言って視聴者やファンに対して感謝は持ちつつも「媚びを売る動画」だけは創りたくないなぁと。顔色を伺って動画を撮るのは本来私がしたい事でもなかったですし、当たり障りのない程度に自分の撮りたい動画を撮っていきたいなぁと。

まぁ自分の考えをぶつける時はぶつけたいなぁと。

そんな感じ。

③チャンスが巡ってきて「挑戦」ができるようになった

上記に関連してくるのですが多くの人が見てくれたり、人との繋がりや出会いがあればチャンスが巡ってきます。例えば今でこそ頑張っているのですが「吹奏楽団を創る」という事です。吹奏楽好きな人達がネットで繋がり、出会ってしまえばやりたくなるのは「合奏」でしょう。

ただし、誰も吹奏楽団を創ったこともなければ時間もない

というのが現状ですよね。

そう、これはチャンスなんです。

これは自分にしかできないチャンスなんですよ。

ここで手を上げて前に進めば、それこそ大好きな吹奏楽への貢献にもつながるし出会った人達の為にもなる。今考えればすごく無謀な考えだったんですがね(笑)

そんなこんなで立ち上げたのが「サウンドプロジェクト」なんですよね。

 

こういった形でまだまだ不安定なところもありますけど、全国に7か所サウンドプロジェクトを創ることができました。

本当にありがたい事です。潰れるかもしれませせっかくのチャンスなんだから挑戦ですね!

またイベント関係では同じ吹奏楽系、管楽器系YouTuberの方と力を合わせて「1日限りのYouTube吹奏楽団」という大合奏企画にもチャレンジしました。

すると当日160名の方に足を運んでいただきました♪

これらは紛れもなくYouTubeをしてなかったらできなかったであろう企画、吹奏楽団なんでしょうね。

あ、2018年1月7日にも今度は300人集めてやりますのでよろしければ是非!

あわせて読みたい記事:参加型合奏オフ会!2018年冬の1日限りのYouTube吹奏楽団 メンバー募集中!

なんにしてもYouTubeがきっかけで色んなチャンスが巡ってきて「挑戦」することができ、自信に繋がりました。

④将来の夢が増えた

20170516104700

もともと中学・高校の時は吹奏楽部の顧問になりたいという漠然とした夢があったのですが、YouTubeを通して「自分にしかできないことにチャレンジしてみたい!」と思うようになりました。

実際問題なれるかどうかは別として、教員の免許さえ持っていれば頑張って勉強すればいつでも教員になる事は可能です。でもYouTubeでこれだけ今伸びているのってそれこそチャンスだと思うんです。自分にしかできないことがあると思うんです。

そう考えれば今は寄り道して音楽のために人生の時間を投資するのも悪くはないなぁと。

だから2017年にしばらくフリーランスで生きる事を決めました。

関連記事:夢を追うためしばらくフリーランスで生きることを決めた

まだまだ不安定ですが一生懸命頑張ります!

まとめ

色々書いてきましたがYouTubeを通して私の人生は大きく変化しました。

これから私が目指すのは吹奏楽を通して「人生が豊かになる環境」を提供していく事です。また動画では「明日からもまた頑張ろう!」と思ってもらえるようなものを作っていきたいですね!

今後とも「うっつー先生」こと宇都宮信平をよろしくお願いします!よろしければ応援してくださいね!

関連記事: うっつー先生公式Tシャツできました!

 

 

 

スポンサードリンク



記事が良かったらシェアしてください!