2017年度吹奏楽コンクール課題曲Ⅱ マーチ・シャイニング・ロードまとめてみた!

こんにちはフリーランスで活動してますうっつーです!

さていよいよ7月に入り吹奏楽コンクールが目の前までやってきました!吹奏楽部で心血を注いで打ち込んでいる中高生の皆さんにとって、きっと忘れられない夏の大会になるでしょうね!

先日ざっくりと課題曲についてまとめようと思って書いた記事が好評だったようで、今回もざっくりではありますがマーチ・シャイニング・ロードについて書いてみようと思います!

関連記事

2017年度吹奏楽コンクール課題曲Ⅰスケルツァンドまとめてみた!

2017年度吹奏楽コンクール課題曲Ⅲ インテルメッツォまとめてみた!

2017年度課題曲Ⅱ マーチ・シャイニング・ロード

①作曲者はどんな人なのか?

木内涼

1995年茨城県日立市生まれ。

5歳よりピアノをはじめ、中学入学と同時に吹奏楽部でホルンを始める。茨城県立日立第一高等学校在学中には学生指揮者としても活動し、第18回日本管楽器合奏コンテスト(2012年)にて、同校吹奏楽部の指揮者として出場。

現在東京藝術大学音楽学部楽理科3年次在学中。

引用元

http://www.ajba.or.jp/suisougaku203.pdf#search=’木内涼’

木内さんは何と私うっつーの1つ下(学年は2つ下)の人なんですね!吹奏楽連盟の会報にも載ってましたが私も中学生の頃「青空と太陽」や「コミカル★パレード」を練習していたので勝手に親近感が湧いております(笑)

「おそらく冗談だったのだろうけど」とご自身もおっしゃっていますが、木内さんが中学生の頃「君たちも書いてみれば?(曲を)」と吹奏楽部に来ていた講師の方から言われたみたいなのですが、この言葉が当時の木内さんの心にダイレクトヒットしたのでしょう。

そこから時を経て見事2017年度の吹奏楽コンクールの課題曲Ⅱに選ばれたようです。

すげえの一言しか出ないっすわ・・・

②どんな曲なのか?

www.youtube.com

題名はマーチ・シャイニング・ロード。

会報にも載っておりますがこちらは曲が完成した後につけた題名だそうです。シャイニング(Shining)とはおそらく皆さんも課題曲が発表された時に煌びやかな曲なんだろうな~と連想したように「輝く」「明るい」などの意味を持っております。またロードは言うまでもなく「道」という意味であり、直訳すれば「明るい道」という意味なのですが、木内さんは「輝く未来への道」「前向きな一歩」への祈りを込めて名付けたそうです。

さて、初めて耳にした時の印象を正直に申し上げると

あれ・・・?

どこかで聴いたことあるような・・・

あ!!

小さな世界にちょっと似てるやんけ!w

って感じでした(笑)

またシンプルでわかりやすく、まさに「課題曲」にふさわしい曲だなぁという印象を受けました。作曲者がホルンの方だけにトリオのオブリガードおいしいなぁと思って聴いておりました(笑)

今年はこの曲を選ぶ中学・高校多そうだ・・・

③練習で注意すべきポイントは?

www.youtube.com

私も何度か指導先の学校で感じることがあるのですがシンプルが故にリズムやハーモニーをきっちりしていかないとボロが出やすい曲なのかなぁと思っています。

全体的なポイントはクリニック動画がたくさん上がっているのでそちらを参考にしていただくとして、トランペットの事に少し触れてみようかと思います。

実は困ったことにこの曲はトリオの後半から最後までトランペットは吹きっぱなしなんです(笑)

トリオのメロディー→Iファンファーレ→Jメロディ→ベルトーン→Kメロディ→Mファンファーレ②→終わり

このように要所要所で大事なポイントがかなり含まれており、自分の今の役割をしっかり意識し吹かないといけないんですが

ここでよく質問されるのが

体力が追い付かない&ブレスとり辛い問題

楽器をはじめたての人や体格の小さな中学生、トランペットの人数が少ない学校にとっては少しキツいんじゃないかなぁ・・・と個人的に思います。

スポンサードリンク

 

体力が追い付かない問題の解決方法

上記2つの問題の原因は実際に見てみないとわからないので申し上げにくいのですが、体力が追い付かないという方の多くは基本的に吹きすぎている傾向にあると思います。

トリオのメロディー→Iファンファーレ→Jメロディ→ベルトーン→Kメロディ→Mファンファーレ②→終わり

と書きましたが全部を頑張らなきゃ!って思っている人が多いんですよね。各メロディの部分ってトランペットだけでなく周りにもメロディを吹いているので、その他の楽器の音色と混ぜる感じで良いと思うんです。Iのファンファーレの部分も音量よりも粒が明確になるくらいで良いと思います。

トランペットだけの見せ所だよ!って言うところは強いて言うならベルトーンくらい。

上記でも申し上げましたがしっかり今吹いているシーンでの自分の役割を冷静に判断してみて上手くペース配分してみてはいかがでしょうか?

マラソン選手もフルマラソンを全部全力で走りませんので・・・!

是非ご参考までに!

ブレス取り辛い問題

よくよく楽譜を見てみると同じメロディをパート別でも吹いている時があります。(トランペットに限らずですが)ここをしっかり照らし合わせて1stは2ndが同じメロディを吹いている時は譲ってあげるくらいの気持ちで吹いて、カンニングブレスをとったりと役割分担するべきですね・・・!

意外とやってない学校あったので是非分けて協力プレイしましょう!^^

是非暑い夏を過ごしてください!ではでは!

2017年度 全日本吹奏楽コンクール 課題曲合奏クリニック [DVD]

2017年度 全日本吹奏楽コンクール 課題曲合奏クリニック [DVD]

【お仕事・レッスン受付】

横浜や東京でお仕事・レッスンを受け付けています!

詳しくはメールやTwitterのDMまで!

【メール】

tiger1trumpet@gmail.com

【Twitter】

うっつー先生 (@tiger1tp) | Twitter

記事が良かったらシェアしてください!