初心者のためのトランペットのマウスピース勉強会!~Bachのマッピ編!~

スポンサードリンク




f:id:tiger1tp:20170204235533j:plain

こんにちはうっつーです~♪

 

前回の記事が好評のようで取り急ぎ書いております(;^ω^)

読んでいただいて本当にありがとうございます^^

 

www.tiger1tp.link

 

さて人に教えたり、お勧めする機会が最近増えましたので
丁寧にかつ分かりやすく商品をお伝えするために

 

もう1度トランペットのマウスピースについて

1から勉強をやり直したい
 

という想いで初心者目線で
勉強した事をブログに書き綴ってみたいと思います!

 

 

今日はBach編です!^^

 

f:id:tiger1tp:20170205000351j:plain

【Bachってなんなの?】

Bach(バック)とはトランペットのメーカーの事を指します

その昔、Vincent Bach(ヴィンセント・バック)さんという人がいたんですが

Bachさんが会社を設立するまで、優れた楽器というのは

設計者・熟練工・演奏者が連携して造っていたみたいです

※考えれば当たり前の話ですよね(笑)

 

しかしこのBachさん・・・

 

一人で全部やっちゃったんです( ゚Д゚)

 

しかも設計・制作・演奏すべてにおいて

 

神ってる・・・!!?

 

ってくらい「ずば抜けた」才能を持っていたようです(笑)

 

そんなBachさんの努力で生み出したトランペットを、演奏家たちは

「トランペットにおけるストラディバリウスだ!」と評しました。

 

以来世界中で愛されるトランペットのメーカーになったわけです!

 

f:id:tiger1tp:20170206203504j:plain

【Bachのトランペットについて】

今回はマウスピースの記事なのでさらっと触れるだけにします。

 

個人的な意見ですが、トランペット本体は他のメーカーに比べて

 

音が自分で作りこまなくても

ブロック体のようにすごく立体感のある重厚な音がします

 

またクラシックはもちろん、ジャズやポップスなど

幅広いジャンルでも対応できる柔軟性を持っていると感じます。

 

しかし個体差はやはりあるようで、今まで試奏してきたものは

比較的抵抗が強かったように感じます。

 

めちゃくちゃ吹きにくいものもありました。

 

これは予想ですがアメリカで作られたメーカーなので

向こうの人の体格に合わせて造っているのかな?

なんて思ってます。

 

しかしかなり自信をもっておススメできる

メーカーの1つであります!

ちなみに私もBachのトランペットを使ってますよ~^^

 

f:id:tiger1tp:20170202102049j:plain

 【Bachのマウスピースについて】

 さて本題のBachのマウスピースについてです!(笑)

 

Bachのマウスピースには7C5C3B1-1/2C

これ以外にもたくさんあるのですが

数字やアルファベットって

 

どんな意味があるかわかりますか?

 

そうなんです!

これはリム内径の大きさやカップの深さを表しているのです!

 

もう一回おさらいしましょうね^^

f:id:tiger1tp:20170204175007j:plain

引用元 http://www.trumpet-joho.net/mpselect.html

 

先頭の数字1番が最も大きなリム内径で

20番が最も小さいリム内径を持ちます、つまり

 

数が小さくになるにつれて

リム内径は大きくなるのです

 

 

ここ間違えやすいからテストに出すぞ~(笑)

 

カップについてはアルファベット「A」が最も深く

次いでアルファベットのないもの「B」「C」→「E」となり
「F」が最も浅いカップを持ちます

 

ここも間違えやすいからテストにだすぞ~(笑)

 

大体吹奏楽でよく見かけるのは「〇〇C」とかですね^^

 

f:id:tiger1tp:20170202133158j:plain

【今まで吹いたことのあるBachのマウスピース】

さて最後に自分の吹いたことのあるBachのマウスピースだけ

自分の意見を交えて紹介します^^

 

直径やサイズ等の詳細はこちらのサイトをご覧ください^^

http://www.neromusic.jp/03trumpet/mouthpiece/bach.html

 

大きい順から書きます!

 

【1】

今まで吹いてきたマウスピースの中で1番デカかったものです

リム内径も深さもBachの中ではとても大きい怪物サイズだと思います

かなり息を持っていかれますがパワフルなサウンドを作ってくれますので

マーチングの大会等で使用させていただきました(笑)

しかし当時80㎏、体格の良く自信があった頃の私でも

フラフラになるほどのマウスピースだったのでおすすめはしません

 

バック トランペット マウスピース 1 銀メッキ仕上げ

 

 

【1C】

さっきの1に比べだいぶ楽に吹けます

というか吹き心地は別物といってもいいくらい自然に吹けます(笑)

非常にパワフルなパフォーマンスを叶えてくれますね~^^

上の音も比較的楽というか

ずっしりと重量感のある音で吹けた印象を持ってます

オーケストラや吹奏楽で使ってる人が多いかも

 

でもやっぱり上級者向けかなぁ・・・

 

バック トランペット マウスピース 1C 銀メッキ仕上げ

 

 

 

【1-1/2C】

私がかれこれ4年間くらい愛用している吹奏楽用のマウスピースです。

正直1stインプレッションの音はあまり好きではなかったのですが

慣れるとかなり高いパフォーマンスをしてくれるマウスピースだと思います。

立体感のある華やかなサウンドと

上も下も柔軟に行けるというレスポンス性が良いですね~

おススメです!(が靴選びと一緒なので会う合わないはあるかも!)

 

 

【2C】

試奏で1度吹いただけで記憶があいまいなのですが

すごく独特な雰囲気を持ったマウスピースだなぁという記憶があります

調べてみるとやっぱりカップがデカいとネット上に書かれてますね・・・

もう一度吹きなおして書きますのでしばしお待ちを・・・

 

バック トランペット マウスピース 2C 銀メッキ仕上げ

 

 

【3】

初めて買ったマウスピースがこれなんですが今考えれば

若干使いにくいマウスピースでした

そもそも3のマウスピースというのは私の中で

好印象でしてどれも立体感のある音色がでるのがにくいですね~(笑)

それを踏まえた上で確かに良いサウンドは出るのですが

上の音が深い分出にくいのと、レスポンス性が若干悪かったですね・・・

 

しかしこれがあったからこそ

吹奏楽コンクールで全国大会までいけた気がしますね^^

そう考えれば周りと合わせるのが楽なマウスピースでした

 

 

バック コルネット マウスピース 3 銀メッキ仕上げ

 

 

 

【3B】

高校の3年生の時に使ってました

幸いにも動画があるのでご参考までに・・・

 


ハトと少年【高校3年生の時に演奏してみた!】

 

非常に操作性が良かったのを覚えています

Bの深さといえど普通にハイCまで楽~に出ましたからね(笑)

ただ1-1/2Cを経験してしまうと窮屈な印象を受けます。

 

でも次に3Cをご紹介しますが

B♭管吹くならこれかなぁ・・・って感じです!

バック トランペット マウスピース 3B 銀メッキ仕上げ

 

 

【3C】

吹奏楽部の1個上の先輩が使っていましたが

華やかで明るい音が特徴でした!

なんかTHE 吹奏楽のポップス!って感じの印象です(笑)

上の音も出やすい分、コントロールがしにくいってわけでもないしいいかもね!

 

バック トランペット マウスピース 3C 銀メッキ仕上げ

 

 

【5C】

これは私の周りだけかもしれませんが

女の子の後輩が使ってました。なぜか高確率で5C

理由としてはリムの内側が丸くて

角張ったマウスピースが苦手な人が多く使うみたいで

女の子は本能的に包容力のある優しさを求めている

と考えるから自然とそうなるでしょう

(ものすごく偏見だ笑

 

活気のある豊かな音色が魅力的

 

でも自分には小さかった(泣

 

バック トランペット マウスピース 5C 銀メッキ仕上げ

 

 

【7C】

これがいわゆる標準サイズのマウスピースですね^^

可もなく不可もなくって感じです(笑)

今吹けと言われたら絶対他のマウスピースがいいって言っちゃいます(笑)

 

バック トランペット マウスピース 7C 銀メッキ仕上げ

 

 

【まとめ】

いかがだったでしょうか?

正直1-1/4Cや7E等々Bachの中でも面白いとされる

マウスピースも何本か吹きましたが記憶が曖昧すぎるので

試奏次第こちらに掲載していこうと思います^^

 

皆様の参考になればと思います!

 

 

ではでは!

 

【関連記事】

www.tiger1tp.link

 

 

www.tiger1tp.link

 

www.tiger1tp.link

 

 

記事が良かったらシェアしてください!