初心者のためのトランペットのマウスピース勉強会!~マウスピースの基礎知識~

スポンサードリンク



f:id:tiger1tp:20170202135337j:plain

こんにちはうっつーです~♪

 

最近ご縁がありまして

管楽器店でアルバイトをすることになりました(泣

 

お客様に丁寧にかつ分かりやすく商品をお伝えするためにもう1度

トランペットのマウスピースについて1から勉強をやり直したい

 

という想いで今日から初心者目線

勉強した事をブログに書き綴ってみたいと思います!

 

どうぞよろしくお願いします!

 

ちなみに私の自己紹介記事もあります

併せてお読みくださいませ・・・

 

www.tiger1tp.link

 

【トランペットのマウスピースって何?】

そもそも初心者の方に

マウスピース!マウスピース!

って言ってもわかりませんよね(笑)

 

お教えしましょう・・・

マウスピースってこんなやつです!

 

f:id:tiger1tp:20170202133158j:plain

 

 

 ・・・可愛いでしょう?(笑)

 

 

 

どんな音がでるのかご存知ですか?

 


マウスピースでの音出し

 

 

おならみたいな音がするでしょう?(笑)

 

さて、私のアホな導入のせいで

ヘンテコなイメージを植え付けてしまいましたね・・・

 

めんごめんご(笑)

 

「マウスピース」とはトランペット本体につけて演奏するものなんです!

・・こんな感じ!

f:id:tiger1tp:20170204171324j:image

 赤で丸を付けたところ!

ここにマウスピースと本体を装着するわけですね!

 

しかし10年トランペットを続けてきたのですが

 

マウスピースって本当に奥が深いのです

 

良く例えられるのですが

「靴」と一緒なんですよね・・・

 

靴ってスニーカーだったりハイヒールだったり

自分の目的に合わせて選んで履くじゃないですか!

 

マウスピースもそうで

私も自分の目的

例えばクラシックだったりジャズだったりと

用途に合わせてマウスピースを変えているんですよね!

 

じゃあなんで用途に合わせて変えることができるの?

マウスピースなんて全部一緒じゃないの?

 

って話になります

 

ここが奥が深いところでマウスピースには

 

①浅さや深さ

②リムの形状

③リム内径の大小

④スロートの大小

⑤シャンクの感じ

⑥材質

 

などなどなどなど!

 

上記にも挙げてないたくさんの要素が詰まっており

様々なマウスピースが生み出されるわけです

 

「ここ」を今から研究していきたいと思います!

 

マウスピースの基礎知識

まずマウスピースの各名称をもう一度調べてみました

 

f:id:tiger1tp:20170204175007j:plain

引用元 http://www.trumpet-joho.net/mpselect.html

 

はーいテストに出るから覚えておけよ~

 

ってジョークです(笑)もちろんテストなんかしませんよ!

 

さてここで一般的に言われている基本的な情報と

「各部位の大小をいじった場合の印象」

について私個人が感じるものではありますが

お話をしていきます!

 

【リム】

唇に直接触れる部分であり、吹き心地に大きく影響する部分です

材質によって唇が感じる感触が違いますし、人によってはリムが

丸い方が好きだったり、平たい方が好きだったりします

 

【リム内径】
リム内径の大小はそのままデカい小さいの印象に繋がります

靴のサイズが大きい小さいというような感覚に近いです

 

リムの内径が大きいと

広々とした豊かな音になる分、体力を持っていかれるイメージです

逆にリム内径が小さいと

まとまりのあるコンパクトな音になる分、窮屈なイメージがあります

したがって

唇の厚さだったり、大きさを見て自分で調節する必要があると思います

 

【カップ】

UカップVカップなど大きく分けて2種類のカップの形状があります

UとVってなに?

ってなるかもしれませんが

文字をマウスピースのカップの形に当てはめると分るでしょう?(笑)

 

深いもの太く柔らかな音色で中低音域が出やすいです

クラシックなんかを演奏する時はおススメですね!

しかしかなり息を持っていかれるような印象を受けます

 

浅いもの明るく、深いものと比べハイトーンが比較的楽に出ます

しかし極端に浅いと浮いて聴こえたり

コントロールが難しい傾向があります

(私も浅いビックバンド用のものはしょっちゅう音を外します)

 

ここも自分の体と、やりたい音楽の傾向に合わせて

慎重に選ぶべきでしょう

 

f:id:tiger1tp:20170204175007j:plain

【スロート】

スロートはマウスピース内部の一番細い部分です

 

個人的に息の量について

一番関わってくる部分ではないかと思います

スロートが小さいと抵抗感が強くなります

スロートが大きいと抵抗感が少なくなる分息を持っていかれます

 

ここも自分の息の圧のかけ方と比較して選びたい部分ですね^^

 

【バックボア】

バックボアスロートの後にクレッシェンドのように

徐々に広がっているところで

ここの太さや広がり具合で抵抗感音色が変わります!

 

でもぶっちゃけあんまり気にして選ぶ方は少ないかもです・・・

 

【シャンク】

シャンクはトランペット本体と密接に繋がる部分であります!

こちらは例えばなんですが

同じメーカーのトランペットとマウスピース

違うメーカーのトランペットとマウスピース(マウスピースは同じ)

となると入り具合が変わるのです

 

そのため若干ですが吹き心地や音色に関わってきます!

 

f:id:tiger1tp:20161216140543j:plain

【まとめ】

いかがだったでしょうか?

こうやって改めて勉強しなおすと面白いですね^^

 

記事にも書きましたが

マウスピースって本当に奥が深いのです

 

靴選びも楽しいのと一緒で

マウスピース選びも本当にウキウキします^^

 

私も実際にお店で吹かせていただいて

またブログにフィードバックできればなぁと感じております!

 

またレッスンも承っております!

横浜を中心に大阪・福岡にいます!

詳しくはTwitterのDMをまで^^

 

うっつー先生 https://twitter.com/tiger1tp

 

ちなみに今私が使ってるマウスピースです!

ご参考までに^^

 

 

 

ではでは!

 

【次回記事】

 

www.tiger1tp.link

 

 

【人気記事】

 私のブログで一番人気の記事です^^

www.tiger1tp.link

 

 初心者の方に0から教えております!

www.tiger1tp.link

 

 これは完全に根拠のない感覚で書いているのでよろしければ・・・

www.tiger1tp.link

 

 私のマウスピースの履歴書です^^

www.tiger1tp.link

 

 

 

スポンサードリンク



記事が良かったらシェアしてください!