初心者におススメするトランペットの練習の方法①

スポンサードリンク



f:id:tiger1tp:20161201124832j:plain

こんにちはうっつーです!

新しい事に挑戦したい!

という事で周りの人がちらほらトランペットを始めだしました。同じトランペットを吹く者として大変うれしく思いますね~^^

そしてよくトランペットの練習について質問されるので不定期ですが何回かに分けて書き綴りたいと思います♪


恋 【トランペットで演奏してみた】

演奏はお恥ずかしながらですが私の演奏はこんな感じです!

今からの記事は初心者の方にわかりやすいようにだいぶザックリ書いてます。

最初は理論を詰め込むというよりは気軽に吹いてみる事から始めたほうが楽しいし、やる気がでると思うので慣れてから色々と調べてみてください^ ^

今日は音出し編です!

では行ってみよう!

【トランペットの音の出る仕組み】

そもそも音の出る仕組みを知らなければどうやって吹いても音が出ません。

私も中学の体験入部の時に

「フーーーッ!!あれ?でない!!」

というのを経験しました笑

実はトランペットは金管楽器とよばれており唇の振動を源として音が出されます。

金管楽器 – Wikipedia

リコーダーみたいに息を入れれば鳴る!というわけではないのです(泣

ですのでまず唇を震わせる練習から始める事をオススメします!

【バズィングをしてマウスピースを吹こう!】

人によって吹き始め方は異なりますが

 

バズィング→マウスピース→楽器

という順番で私は楽器を音出しを始めています!

バズィングとはなんぞ?

とお思いでしょうが上記に書いた唇を震わせる事と思ってもらって構いません

バズィング – Wikipedia

こんな感じです!

www.youtube.com

き、きたない…

と思ったかもしれませんが大丈夫です笑

金管楽器の奏者はみんなやってます笑

※やらない人もいるのですが

このバズィングで唇の準備体操をします

私はだいたい2分くらい

それが終わるとマウスピースを口に当てて

吹いてみます!

www.youtube.com

こんな感じです笑

私が中学の頃はマウスピースでドレミファソラシドを吹く練習もしてましたね。

でも初心者の方は正直難しいと思いますのですぐに出来なくても大丈夫です!

ブーーーっと吹いちゃいましょう♪

注意して欲しいのはマウスピースを吹く時ってあまり力を入れなくても鳴ってくれます。力まずにリラックスして吹いてくださいね^ ^

マウスピースは3分くらい私は吹いてます!

※バズィングやマウスピースで吹くのは、実際に楽器を吹いた時の感覚と違うのであまりよろしくないという方もいらっしゃいますが、私は長時間吹かなければ、また準備体操をする程度にはしてもいいのではと考えております!

【マウスピースを楽器につけてみよう!】

さて準備体操は終わったのでいよいよ楽器につけて吹いてみましょう!

ここからアドバイスなのですが、はじめからチューニングB♭(上のド)より上の音大きな音量で吹くと、その日や次の日の調子に悪い意味で響いてしまうと思います。

理由としては上の音って振動数が多い分唇がかなり緊張した状態なんですよ。そこから音出しを始めるとその日の調子を崩してしまうのは目に見えています。

ですのでオススメとしてはローB♭(下のド)から下の音リラックスしてmpくらい楽〜に音出しを始めることです。

※トランペットの運指はこちら 運指表 トランペット初心者入門サイト

こんな感じ!

www.youtube.com

リラックスするということを常に意識してくださいね^ ^

動画の音出しは決まったものではなく適当にこの音域を吹くといった感じで、この後に低音ロングトーン等から始めます

この話は次回でしますね^^

ロングトーン(ロングトーン)とは – コトバンク

【まとめ】

以上が音出し編でした!

意外と音出しで力んでしまう人が多く見受けられるので

常にリラックス!力は入れない!

というところを意識してみてくださいね✨

ではでは!

スポンサードリンク



記事が良かったらシェアしてください!