音楽を発信するmusic proが今熱い!!

スポンサードリンク



え、こんな面白い活動があるの?

そう思ったのは去年の春先に「music pro」の代表

山仲啓右さんに声をかけられて横浜で飲んだ時のことでした。

山仲さん

今ネットって爆発的に広がっているんだけれども

音楽家の方がみなさんネットを活用している感じがしなくて

私自身、非常に勿体無いと感じているのですよね・・・

 

うっつー

あ〜確かに、オフライン上での地道な活動も大切ですが

ネットをうまく活用すれば日本、世界中に広がりますので

可能性がもちろん広がりますよね〜夢一杯です!(笑)

現に私もネットをうまく使っていろいろな活動ができていますし。

 

山仲さん

そうそう!

もちろん生の音に触れてもらうのが1番なんだけど

音楽を専門的に勉強された方が積極的にネット上で

教えられる範囲でレッスン動画を出したり

演奏した動画を公開する事によって

中高生たちも喜ぶんじゃないかなぁって・・・

今みんなスマートフォンを持っている時代だし

いつでもどこでも見れたら便利じゃないかなって

そんな感じで去年の春に語って1年ちょっと・・・

山仲さんは以前話したこの夢を、現実に大きく展開して行きました。

という事で非常に濃い情報コンテンツとして成長してきたこの「music pro」の活動をみなさんにご紹介させていただきたいと思います!

音楽を発信しよう!〜music pro〜

0c19d0_2ef3cebed29f450997d1108e456297dc~mv2_d_4032_3021_s_4_2.jpg

①music proとは?

music pro

  1. 今活躍している音楽家を知るきっかけになってもらいたい
  2. 素敵な演奏をしている方のコンサートにもっと足を運んでもらいたい
  3. 様々なアーティストを知るきっかけになる場所を作りたい

そんな想いから立ち上がったプロジェクトです。

②現在行っている事や今後の展望

  1. プロで活躍している方の演奏を発信(配信)
  2. 「自分もそんな風にやってみたい!」「どんな人がやっているのだろう」と思わせたい。
  3. 「自分も動画出したい」「実際習ってみたい」方と音楽家の方を繋げたい。
  4. アーティストの紹介、コンサートの案内、物販等
  5. music pro様々な拡がりを持った場所にしたい

​music proでは、多くの方の目につくように音楽好きの視聴者(フォロワー)を増やすこと、今流行っている曲のリサーチをしています。

music proのここが魅力的!

さて注目すべきところはたくさんありますが、何と言っても動画の配信でしょう。

第一線で活動している若手の奏者から、元N響のプロの奏者までスポットライトを当てた、偏りのない情報コンテンツが揃っているというところが魅力の1つなのではないでしょうか。

内容を見てみましたが丁寧でわかりやすい動画の構成になっておりますね。

うっつー
こういうのを中学校の時に見たかったぜ!!

私自身田舎の中学出身だったのでレッスンを受けようにもなかなか受けらなかったのですが、このようにしっかりとした動画があると助かりますね。

な、なんと・・・元N響の首席トランペット奏者の関山幸弘さんじゃないですか・・・

うっつー
動画4つも出てるので一気見しちゃいましたよ!!

動画を拝見いたしましたが、流石元N響奏者というべきでしょうか音が良い・・・(当たり前)

やはり第一線で活躍してきたからこその「説得力」が説明にも音にも表れており非常にわかりやすい内容になっているのではないでしょうか。

music proの発信媒体

YouTubeチャンネル→チャンネル登録はこちら!

Twitterはこちら↓

Facebook

Instagram

公式サイト

まとめ

music-2872166_1920

さて本日ご紹介させていただいたmusic proですが

個人的な話こういった発信を、音楽大学で勉強された奏者や元N響奏者の方などがインターネットを通して積極的に発信してくださると大変ありがたいと感じるばかりです。

現代ではより多くの方が、情報を取り入れることのできるデバイス(スマートフォンなど)を持った時代になりました。

またその反面で多くの方が発信できる立場となる時代になりました。

私個人の考えでは、誰もが発信できる時代に魅力を感じる部分もありますが、どうしても偏りを感じる情報が吹奏楽業界に限らず散見されるのもまた事実です。(自分ももしかしたらそうなのかもしれませんがね)

music proはその多くの情報の中でも、比較的良質で濃い情報を提供してくれる一つの指標として成長していくのではないか、と推測をしております。

今後ともぜひ注目していきたいですね!

スポンサードリンク



記事が良かったらシェアしてください!