吹奏楽部の新入部員が入る今こそレッスンの講師を呼んでほしい!

スポンサードリンク



どうもフリーランスのトランペット奏者と活動していますうっつーです!

本日は声を大にして言いたいことがありまして記事を書いています!

え?お前は音大卒でも専門卒でもないから黙っとけって??

まあ聞いてくださいよ(笑)

本日お話ししたい内容は「吹奏楽部の新入部員が入る今の時期こそ、レッスンの講師を呼んでほしい!」というものです。

吹奏楽コンクールの時期だけに講師を呼ぶ学校は多いみたい

私もフリーランスの端くれとして音楽関係者の方と飲みに行くことがあるのですが

そこでよく聞く話として「吹奏楽コンクールの時期にだけしかレッスンの声がかからない学校が多い」というものがあります。

友人

確かに吹奏楽コンクールの時期も大事なんだけど

吸収力が早くて上達が早い子ばかりなのに

コンクールまでの期間が短すぎて

もうちょっと時間があればステップアップできたかもしれない。

という勿体無いなぁと感じる現場が多いんですよ・・・

 

うっつー

なるほど・・・吸収する力はあっても

コンクール前だとリミットが割とすぐですもんね・・・

 

友人

だからコンクールの時期だけに呼ぶのも、もちろん嬉しいのですが

定期的に、特に新入部員が入るこの時期だからこそ一度呼んでもらいたいんですよね

 

うっつー

4月から呼んでもらうと新入部員や現役の子たちに対して

技術だけでなく明確な目標やベクトルの方向を

定めるお手伝いもできますもんね

 

友人

そうです!あとは奏法で変な癖がついちゃう子いるじゃないですか

私は本人が吹きやすければ良い派なんですが

吹きにくいって言って悩んでる子の方が大半なんです・・・

なんとかしてあげたい・・・

してあげたい・・・

新入部員が入ってきた今こそ講師を呼んでほしい!

結局、講師を呼ぶ話はお金の問題もありますし、顧問の先生や部活動の方針で自主性を高める為にあえて教えあうようにしている部活もあるので「呼ばない」という選択を選ぶのであれば仕方のないことだと思いますが

個人的には上記のような意見を耳に挟むことが多いです。

先ほども会話の中であったように新入生が入ってきてすぐにレッスンの講師を呼ぶメリットとしては

  1. コンクールに向けて目標や方向性を定めるお手伝いが早い段階でできる
  2. 楽器を初めて吹く今だからこそ、変な奏法にならないように指導ができる

というものがあり、次回呼んで頂くまでの間に課題も設定することもでき

先述のようなコンクール本番までの期間が短くて「もっとできたかもしれない」という状況は避けられるかもしれませんね・・・!

関連記事:吹奏楽コンクール目前で劇的に上手くなる方法なんてない

関連記事:吹奏楽コンクールの課題曲をもらったらやってほしいこと4選!

まとめ

さて今回の記事は4月から吹奏楽コンクールを1つの山として見て書きましたが

この期間以外にも1月から3月までのOFFシーズンも同様に呼んでいただけると、基礎練の時間をよく取れる時期でもありますので、それこそ満を持して新入生を迎えられるのではないか・・・と考えております。

熱いシーズン中ももちろんですが是非検討されてみてはいかがでしょう?

また全然違う趣旨ではありこの記事と矛盾してるところもあるのですが

どうしても講師を呼べない際はこういった考え方で進めると楽しいかもしれません♪

関連記事:「達成感」が成長への一歩になる!~吹奏楽部の新入部生へのアプローチについて~

やり方は沢山ありますので是非参考までに・・・

スポンサードリンク



記事が良かったらシェアしてください!