【ご報告】横浜の夏のイベント人数規制について

スポンサードリンク



どうもうっつーです!みなさんにご報告があります。

なんと2019年8月18日に行われる横浜の夏休み限定吹奏楽団

Aバンド・・・フェスバリに挑戦するバンド(98名)

Bバンド・・・夏のポップスに挑戦するバンド(80名)

と6月下旬でかなり集まりました。

8月18日まであと2ヶ月もあるのに大合奏も合わせると280名の方にご応募していただいてる状況でございまして、私自身大変びっくりしております。

本当に感謝しています。

つきましては練習会場や本番会場のキャパも考えて

上記のA・Bバンドは残り数名とさせていただきます。

大合奏のみの枠は引き続き募集しております。

詳しくはこちらから

関連記事:2019年夏休み限定吹奏楽団in横浜・大阪メンバー募集!

今後の横浜のイベントの展望

IMG_1674

①聴きに来るお客様の制限が予想されます。

現在6月21日の時点で290名の奏者が集まっております。

会場のキャパシティは575名ほどですが

移動席をはけるので実際に使える席は426席ほど。

これに現在の参加者の人数を差し引くと136席となります。

おそらく今後も大合奏の参加者も増えると思いますし、今参加されている方は家族や友達を呼ぶかと思いますので明らかにキャパが足りないのが予想されます。(嬉しい悲鳴です)

つきましては以下のような方法で参加者とお客様の入場規制を考えております。

  1. 7月に参加者の身内で来たい方を募り、溢れた場合抽選。後日整理券を配る
  2. 上記の方法で席に余りがあるようでしたら8月頭にTwitterにて一般応募と抽選をする

以上の方法で入場規制を行いたいと考えております。

大変ご迷惑とご不便をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいいたします。

 

 

 

スポンサードリンク



記事が良かったらシェアしてください!